国家資格キャリアコンサルタント資格疑問に講師が回答

CDさん
第4回 国家資格キャリアコンサルタント試験問題に関しては、いくつか訂正があったようですね。
講師
最終的には下記のような発表がありました。

1

18の選択技2の文章に誤りがありました。

選択技2

:自立支援教育証練給付金は、母子家庭の母又は父子家庭の父の主休的な能力開発の取り組みを支援するもので、雇用保険の教音訊練給付の受給資格を有している人が対象である。

正:自立支援教音訓練給付金は、母子家庭の母又は父子家庭の父の主休的な能力開発の取り組みを支援するもので、雇用保険の教音訊練給付の受給資格を有している人でも対象になる。

 

【対処】

本問題の選択肢には、解答で求められている「適切なもの」が無いものとして、問18は受験者全員が正答したものとして扱います。

 

65日追記

2
19の選択技2の文章に誤りがありました。

選択技2

誤:労働基準法によれば、妊産婦からの請求があった場合には、他の軽易な実務に転換させなくてはならない。

正:労働基準法によれば、評賑中の悖からの請求があった場合には、他の軽易な実務に転換させなくてはならない。

【対処】本問題の選択肢には、解答で求められている「適切なもの」が無いものとして、問19は受験者全員が正答したものとして扱います。

CDさん

問18と問19に関しては、全員正答したということになるのですね?

講師
そのようです。
CDさん
2問も訂正が入ると合格率にずいぶん影響を与えそうですね。
講師
今回の設問に関しては、第1~3回の設問との差異が大きく、合格率もかなり低いものになりそうです。
CDさん
そうなんですか・・・
講師
今回の問題に関しては、様々なところから質問状が主催者側に送られたとも聞いていますが、上記の2問の訂正でいったん終結すると思われます。
CDさん
第5回の試験の為にはやはり過去問を中心に学習するしか方法はないのでしょうか。
講師
国家資格キャリアコンサルタント試験は4回/年実施ということで、もう少し混乱するかもしれませんが、しっかり過去問を解いて学習してください。

 

LINEで送る
Pocket